西武は25日、綱島龍生内野手(21)ら8選手と来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

 綱島は糸魚川白嶺高(新潟県糸魚川市)から2017年にドラフト6位指名を受け入団。今季、初めて1軍に上がり、計7試合に出場した。球団を通じて、現役引退の意向を示し「一日一日悔いのないように過ごしてきた。出場機会は少なかったが、(応援に)感謝したい」とコメントした。