指名あいさつ後、辻監督のサイン色紙を手に笑顔を見せる滝澤(左)=上越市
指名あいさつ後、辻監督のサイン色紙を手に笑顔を見せる滝澤(左)=上越市

 プロ野球ドラフト会議で西武から育成2位指名された関根学園高の滝澤夏央内野手が26日、新潟県上越市の同校で鈴木敬洋育成・アマチュア担当から指名あいさつを受けた。滝澤は「支配下になれるように全てをレベルアップし、必要とされる選手を目指す」と力強く語った。

 滝澤は辻発彦監督のサイン色紙や球団グッズのマスクなどを贈られ、「スピードを評価してもらった。プロの世界でもアピールしたい」と破顔した。

 抜群の身体…

残り186文字(全文:403文字)