関甲新学生野球連盟は25日、秋季リーグの表彰選手を発表し、新潟医福大の選手では3年の坂井翔太内野手(中越高出)が最多打点、最多安打、最高出塁率の野手部門3冠に輝いた。3年の荒井朋範外野手は最多盗塁賞を獲得した。

 坂井は7打点、10安打、出塁率5割3分1厘、荒井は7盗塁を記録した。

 16日の平成国際大戦でリーグ史上初の完全試合を達成し、併せて19三振を奪って最多奪三振記録を更新した4年の桐敷拓馬投…

残り6文字(全文:223文字)