およそ30年後の2050年。日本の姿はどのようになっているのだろうか。衆院選で論戦が熱を帯びる中、未来の国のかたちに思うことは多々ある。

 各種の将来推計を見てみると、悲観的な数字が並んでいる。いわゆる2050年問題だ。

 人口を市区町村別に見ると、15年と比較して約3割の自治体で人口が半減。若年者が1割以下で、かつ高齢者が4割以上を占める「少子高齢化地域」も5割を超えるというのだ。

 経済に目を向け…

残り364文字(全文:589文字)