ラグビーの第101回全国高校大会新潟県大会の決勝が30日午後1時から、デンカビッグスワンで行われる。前回と同じ顔合わせで、初優勝を目指す開志国際と、18回連続46度目の頂点を狙う新潟工がぶつかる。優勝校は12月27日に大阪・花園ラグビー場で開幕する本大会の出場権を得る。

 第1シードの開志国際は、スキルの高いSO、CTBが素早くボールを回し、速さと強さを併せ持つ星野雅空、富田優人の両WTBを走らせ…

残り266文字(全文:475文字)