女子1回戦 第2ピリオド、ブルボンKZの小出がシュートを決め6-7=千葉県国際総合水泳場(写真映像部・大渕一洋撮影)
女子1回戦 第2ピリオド、ブルボンKZの小出がシュートを決め6-7=千葉県国際総合水泳場(写真映像部・大渕一洋撮影)

 水球の第97回日本選手権が29日、千葉県国際総合水泳場で開幕し、男女の1回戦を行った。県勢は、男子のブルボンウォーターポロクラブ柏崎(ブルボンKZ)が明大に14-7で勝利。女子のブルボンKZは、前回準優勝の日体クラブにペナルティーシュート(PS)戦の末、13-15で惜敗。4年ぶりに初戦で敗退した。

 男子のブルボンKZは第1ピリオドはリードを許したが、以降はGK小椋裕介を中心に堅い守備で失点を防ぎ…

残り812文字(全文:1021文字)