開志学園JSC-上越 後半、ゴール前で懸命に守るDF斉藤(3)ら上越の選手たち=新潟聖籠SC
開志学園JSC-上越 後半、ゴール前で懸命に守るDF斉藤(3)ら上越の選手たち=新潟聖籠SC

 サッカーの全国高校選手権県大会は30日、新潟聖籠スポーツセンターなどで準々決勝を行い、先制点を守り切った上越が、県総体王者の開志学園JSCを下して初の準決勝進出を果たした。

 北越は着実に加点して開志国際を振り切り、4年連続の4強入り。日本文理は4-0で東京学館を退け2大会ぶりに準決勝に進んだ。県大会3連覇中の帝京長岡は先に1点を失ったが、後半の4得点で逆転勝ちした。

 準決勝のカードは上越-北越、…

残り776文字(全文:993文字)