男子決勝リーグ 柏崎-開志国際 第2クオーター、開志国際の白澤がシュートを決め50-24=新潟市東総合SC
男子決勝リーグ 柏崎-開志国際 第2クオーター、開志国際の白澤がシュートを決め50-24=新潟市東総合SC

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)新潟県予選会2次ラウンド決勝リーグで、男子の開志国際は柏崎を圧倒し、4年連続で全国大会へのチケットを手に入れた。最後の冬に懸ける3年生が、堅守速攻のチームスタイルを体現し、大勝の流れをもたらした。

 序盤からリードしたが、第2クオーターはさらに守備の強度が増した。導火線に火をつけたのが、途中出場した白澤朗ら3年生。「守備からしっかり締めていった」…

残り238文字(全文:447文字)