新潟-琉球 第3クオーター、守備をする新潟の綿貫(左)=アオーレ長岡(長岡支社・富山翼撮影)
新潟-琉球 第3クオーター、守備をする新潟の綿貫(左)=アオーレ長岡(長岡支社・富山翼撮影)

 B1は6日、アオーレ長岡などで第6節第1日の11試合を行った。東地区の新潟アルビレックスBBは西地区の琉球と対戦。後半にリードを広げられ75-86で敗れ、7連敗となった。

 新潟はシュートの決定力で劣り、琉球に力負けした。

 新潟の先発はパラス、ネパウェ、納見、佐藤、アレン。前半は競り合いが続いた。相手には3点シュートで加点されたが、ネパウェのインサイドなどで追いすがり、41-46で折り返した。

 後…

残り587文字(全文:812文字)