柔道の第46回BSN高校選手権は7日、新潟市鳥屋野総合体育館で男女の個人戦を行った。前日の団体戦を制した男女の開志国際がそれぞれ4階級で優勝した。

 男子90キロ級は昨年準優勝の武田颯弥(開志国際)が制覇。男子100キロ級は昨年6月の北信越大会の覇者、大石雄郎(同)が頂点に立った。

 女子では、52キロ級で昨年の48キロ級を制した籠島純恋(同)が階級を上げて優勝。57キロ級は大竹涼夏(新潟第一)、7…

残り23文字(全文:240文字)