子どもの写真や動画を家族らで共有するアプリ「みてね」を使って、東京に住む2歳と0歳のめいっ子の成長を楽しんでいる。

 先日の衆院選では各党が積極財政を訴えた。しかし、将来の負担についての言及は乏しかった。

 衆院勢力に大きな変化はなく、財源の多くは引き続き借金である新規国債の発行で賄うことになりそうだ。

 国債発行残高は累計で既に1千兆円を超え、国民1人当たり1千万円に迫る。めいっ子をはじめ将来世代に…

残り381文字(全文:606文字)