オンラインで横田めぐみさんら拉致被害者の救出を訴える母早紀江さん=14日、新潟市中央区
オンラインで横田めぐみさんら拉致被害者の救出を訴える母早紀江さん=14日、新潟市中央区

 44年前の1977年11月15日に新潟市で北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時(13)=ら拉致被害者の帰国を訴える「忘れるな拉致 県民集会」が14日、同市中央区の市民芸術文化会館で開かれた。めぐみさんの母早紀江さん(85)は映像メッセージで「国家を揺るがす暴力で連れていかれた。何としても取り返してほしい」と呼び掛けた。

 新潟日報社と県、新潟市が主催し、市民ら約600人が来場した。

 早紀江さんはオンラインでも参加。「拉致から40年が過ぎ、大変な絶望感と疲労感を覚える」と吐露。「どうして助けてくれないんだと、夜中に泣いていると思う」とめぐみさんらの現状に思いをはせた。弟哲也さん(53)は岸田文雄内閣に変わったことに触れ、「仕切り直しの感もある。結果を出してほしい」と訴えた。

 佐渡市の拉致被害者、曽我ひとみさん(62)は、一緒に拉致された後、帰国がかなわないまま、来月90歳になる母ミヨシさん=同(46)=との再会を切望。「居ても立ってもいられない。これ以上は待てない」と述べた。

 新潟市西蒲区出身の特定失踪者、大沢孝司さん=同(27)=の兄昭一さん(85)、長岡市の特定失踪者、中村三奈子さん=同(18)=の母クニさん(78)も思いを語った。

 拉致問題担当相を兼務する松野博一官房長官も参加。事態打開へ意欲を示し、曽我さんらから解決を求める署名を受け取った。

県民集会の動画はこちら