今春に試験開催したひなびらきの会場=新発田市諏訪町1の諏訪神社
今春に試験開催したひなびらきの会場=新発田市諏訪町1の諏訪神社

 家庭で使われなくなったひな人形を新潟県新発田市中心部の寺社などに展示、公開する催し「しばた ひなびらき」が来春に開かれる。主催の実行委員会はひな人形を募集している。

 文化や伝統の良さを見直す機会にしようと、市民有志でつくる実行委が企画した。ひな人形40組に提供者のエピソードを添え、市内の諏訪神社、清水園、三光寺、福勝寺、託明寺、寺町たまり駅の6カ所に飾る。

 会期は2月27日~4月2日。ひな人形は既に10組程度寄せられ、さらに30組の貸し出しや寄贈を12月15日まで有料で受け付ける。先着順。

 実行委は翌年以降も継続的に開催する方針で、「眠っているひな人形に集まってもらい、市民みんなでひな祭りを祝いたい」としている。

 問い合わせは寺町たまり駅、0254(22)1888。