イノシシの被害に遭った大江山園の出入り口付近=18日午後5時前、新潟市江南区(同園提供)
イノシシの被害に遭った大江山園の出入り口付近=18日午後5時前、新潟市江南区(同園提供)

 18日午後4時半すぎ、新潟市江南区大渕で、住民らから「イノシシを目撃した」との110番通報が相次いだ。そのうち1件は、介護老人保健施設「大江山園」の出入り口のガラスが割られる被害があった。けが人はいなかったが、江南署が注意を呼び掛けている。

 同園の久保隆雄事務長(54)によると、イノシシは施設正面のガラスを突き破り、自動ドアにぶつかった後、再びガラスを割って逃げた。付近にはイノシシの血痕が残されていた。久保さんは「ただただびっくりしている。入所者にけががなく本当に良かった」と話した。

 江南署によると、110番通報は3件。目撃されたのはいずれも体長約1メートルで、同じイノシシとみられる。目撃現場の周辺には住宅などがあり、同署は「勢いよく走っていたという情報もある。危ないので見つけたら近づかず、通報してほしい」としている。

 また、新潟北署によると、同市北区大迎でも18日午後5時半前、民家まで約30メートルの工事現場で体長約1メートルの1頭が目撃された。