ライトアップされたイチョウの巨木=五泉市蛭野
ライトアップされたイチョウの巨木=五泉市蛭野

 国内有数のイチョウの名所として知られる五泉市蛭野地区で、見頃を迎えたイチョウの巨木がライトアップされている。暗闇の中、黄金色に輝く大きな木がくっきりと浮かび上がり、日中とは違った風情を楽しむことができる。

 樹齢200~600年のイチョウの木が約100本立ち並ぶ蛭野地区は、秋になると黄色く染まった木々に覆われ、「黄金の里」の愛称で親しまれている。

 巨木は県道沿いの蛭野農村公園横に立ち、二つのライトで照らされている。市観光協会は「イチョウの黄色には稲穂とは違う良さがある。青空に映える姿はもちろん、ライトアップもぜひ見に来てほしい」と話している。

 点灯は23日までの午後5時~8時。問い合わせは市観光案内所、0250(47)8388。