新潟地方気象台は21日、寒冷前線が通過した後の23日から27日にかけて、新潟県内の山沿いを中心に積雪となる所がある見込みと発表した。雪による交通障害に気を付けるよう呼び掛けている。

 気象台は21日、高波と強風に関する気象情報も発表。前線を伴った低気圧の影響で、22日夜遅くから25日にかけ、大しけとなるところがあるなど、23日以降、高波や強風に注意、警戒するよう呼び掛けている。

 23日に予想される波の高さは下越、佐渡で6メートル、上中越で5メートル。24日にかけてしけや大しけが続く見込み。最大風速は、22日に陸上、海上で10~16メートル、23日に15~19メートルと予想され、24日も風の強い状態が続く。