北陸信越運輸局新潟運輸支局が発表した10月の県内新車新規登録・届け出台数は、前年同月比27・7%減の6031台で2カ月連続で減少した。東南アジアでの新型コロナウイルス禍や半導体不足による部品調達難で、生産数が減少し納車が遅れている。

 登録自動車は24・5%減の3149台で、2カ月連続で減少した。うち乗用車は28・0%減の2499台。貨物車は68台減って430台だった。

 軽自動車は32・0%減の2777台で、5カ月連続の減少となった。うち乗用車は31・6%減の2197台。貨物車は33・9%減の567台だった。

 小型二輪車は23台増の105台だった。

 県内のあるディーラーは「納車遅れが続き、中には申し込みのキャンセルもあった。11月も引き続き厳しい状況にある」とした。