健康診断をテーマに開かれたトークショー=23日、新潟市中央区
健康診断をテーマに開かれたトークショー=23日、新潟市中央区

 地域での支え合いや豊かな暮らしを考えるイベント「知る・学ぶ『福祉・介護・健康』in新潟」が23日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれた。健康診断の大切さについて学ぶトークショーには、約100人が訪れた。

 新潟日報社と県社会福祉協議会、新潟市社会福祉協議会が主催。企業や団体が介護食などの関連製品を紹介したり、血管年齢や歩行姿勢を測定したりするコーナーも設けられた。

 トークショーには、県労働衛生医学協会医師の田代茂美さんと、アイドルグループ「Negicco(ねぎっこ)」のKaedeさんが登壇。田代さんは、健康診断は自身の健康を年に1度意識するきっかけになると指摘し「異常がなくても、生活を振り返る機会は大切だ」と呼び掛けた。

 新潟市中央区の無職男性(71)は「健康診断の大切さを、町内の人たちにも伝えたい」と話した。