岸野雅人氏(左)と田村正幸氏
岸野雅人氏(左)と田村正幸氏

 任期満了に伴う新潟県湯沢町長選は28日に投票、即日開票される。いずれも無所属で、前町議の新人岸野雅人氏(62)と、3選を目指す現職の田村正幸氏(70)が一騎打ちを繰り広げている。

 新型コロナウイルスで疲弊する観光の振興策や人口減少問題などを論点に、田村町政の継続か転換かが問われる。

 岸野氏は湯沢高原ロープウエーの将来計画策定や雪国文化の発信などを主張。「分かりやすく将来像の見えるまちづくりを目指す」と訴える。同級生や現町政に批判的な町議、町の元幹部らが支援する。

 田村氏は移住・定住の促進やワクチン接種の推進など2期8年の実績を強調。「雪国観光圏などと連携し、広域観光の発信に取り組む」と呼び掛ける。町議の半数や自民党県議、一部の建設業者らが支持する。

 投票は午前7時から午後7時まで(一部投票所は午後6時まで)、町内7カ所で行われる。開票は午後8時から湯沢カルチャーセンターで行われ、大勢判明は午後9時すぎの見込み。

 22日現在の選挙人名簿登録者数(有権者数)は6993人。

◇湯沢町長選立候補者(届け出順)

岸野 雅人(きしの まさと) 62 前町議 無新

田村 正幸(たむら まさゆき)70 町 長 無現(2)

(かっこ内の数字は当選回数)

【岸野氏略歴】無職(町議3期、NPO法人理事長、湯沢町商工会長)湯沢。専修大卒。

【田村氏略歴】町長(町議4期、町議会議長、民宿業、町職員)土樽。国士舘大卒。