【2021/12/20】

 昨年末、人と同じ効率で果物を収穫できるロボットがオンラインで発表された。産官学が連携し開発した。

 開発したのは国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、立命館大学、デンソー。新潟県産の西洋ナシ「ル・レクチエ」の収穫の様子も紹介された。自動走行車にけん引されながらロボットのアームが伸びて果実を収穫し、荷台の収納コンテナに収める。人間のように果実をそっと収納…

残り507文字(全文:724文字)