七浦(ななうら)小学校(佐渡市)
【創立】
 1873年
【児童数】
 36人
【教育目標】
 学び合い 高め合い 共に伸びる子

海を見下ろす高台に校舎

 私たちが通う七浦(ななうら) 小学校は、稲鯨(いなくじら) 漁港を見下ろす高台に立っています。そのため、2階の教室からは、季節ごとに姿を変える日本海を見ることができます。特に、夕() れの景色は素晴らしく、運がよいと海に(しず) む夕日が見え、赤く() まった空と海がとてもきれいです。また、校庭には四季折々の花が() (ほこ) ります。
 そんな豊かな自然に囲まれて育っている七浦っ子は素直で、学年・男女関係なく、全校みんなが仲良しです。晴れた日には、全員がグラウンドに出て、(おに) ごっこやサッカーをして楽しんでいます。
 また、地域(ちいき) とのつながりが強いところも自慢(じまん) です。運動会や文化祭などの行事、生活科や総合的な学習の時間などの学習活動に協力してくださる方がたくさんいます。七浦地区が一つになって取り組む活動は、とても楽しくてやりがいがあります。
 このように、地域を愛し、地域に愛されているところが七浦小学校の魅力です。
  (十人(じゅうにん) 十色(といろ) な6年生一同)
 
七浦小学校の校舎(学校提供)

  

なんでもベスト3 地域と楽しむ活動    

 
☆1位 コラボレーション文化祭☆
 学習の成果発表や、民謡クラブの演奏、剣道の形、民話の語り、喜劇など地域の団体の出し物があり楽しめます。

☆2位 運動会☆
 競技や応援はもちろん、変装して走る飛び入りリレーなど、勝つことよりも観客を楽しませることにこだわるPTA種目が最高です。

☆3位 七浦夏・冬祭り☆
 水風船釣りやビンゴゲーム、盆踊りを楽しむ夏祭り、各学級が工夫を凝らした出店を開いて楽しむ冬祭りがあります。
 

七浦小学校 校歌