男子予選1回目を3位で通過した平野歩(木下グループ)=13日、札幌市(写真映像部・大渕一洋撮影)
男子予選1回目を3位で通過した平野歩(木下グループ)=13日、札幌市(写真映像部・大渕一洋撮影)

 スノーボードの全日本選手権ハーフパイプ第1日は13日、札幌市のさっぽろばんけいスキー場で予選が行われ、男子は冬季五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ・村上市出身)が79・75点で、12人で争う14日の決勝に進んだ。88・50点の片山来夢(バートン)と85・50点の世界選手権覇者、戸塚優斗(ヨネックス)も決勝に進出した。 8年ぶりの全日本選手権出場の平野歩は3位で通過し、弟の平野海祝も7…

残り1097文字(全文:1298文字)