目線が下がらないように意識して、ゆっくりと行いましょう
目線が下がらないように意識して、ゆっくりと行いましょう

 今月は下肢を鍛えるトレーニングを3回紹介します。下半身の筋肉は体全体の約7割を占めます。筋力アップによって体温が上がり、基礎代謝が高まるため、これからの寒い時季におすすめです。

 今回は太ももやお尻など下半身全体に効果のあるエクササイズです。

 まず腰に手を当てて脚を横に大きく開き、つま先を外側に向けます。上半身はまっすぐに保ったまま、膝を曲げます。膝をつま先と同じ向きに開くイメージでお尻を下げます。

 ももの内側とお尻に力を入れて、太もものラインが床と平行になるまで下げるといいでしょう。膝が内側に入ったり、前に出たりしないように注意してください。

 息を吐きながら、内ももで脚を閉じるようにしてお尻を元の位置へ戻します。この動きを10回を目安に行います。

〈ワイドスクワット〉

(1)手を腰に当てて、脚は大きく開いてつま先を外側に向ける。

(2)上体が倒れないようにキープしたまま、膝をつま先と同じ向きに開くイメージで曲げ、お尻を下げる=写真=。

(3)内ももやお尻を意識して脚を閉じ、元の位置へ戻す。10回を目安に繰り返す。

(県健康づくり・スポーツ医科学センターの横山枝里子さんに聞きました)

動画