ペンギンのプールに現れ、餌やりをしたサンタクロース姿のダイバー=4日、上越市
ペンギンのプールに現れ、餌やりをしたサンタクロース姿のダイバー=4日、上越市

 水の生き物とクリスマスを楽しむイベント「うみがたりのクリスマス2021」が4日、新潟県上越市の水族博物館「うみがたり」で始まった。サンタクロース姿のダイバーが水槽内でペンギンや魚に餌をプレゼントする様子に、来場した親子連れらは喜んだ。

 館内は高さ4メートルのクリスマスツリーなどで彩られ、オーストラリア領クリスマス島周辺に生息する色鮮やかな魚を展示する水槽も設置。サンタダイバーはこれまでもクリスマスの時季に合わせ大水槽に登場したが、マゼランペンギンのプールでの餌やりは初めて。

 ペンギンのプールにサンタダイバーが手を振りながら登場し餌を与え始めると、ペンギンは飛ぶように集まり食べた。観客は「すごい」と声を上げたり、写真を撮ったりして楽しんだ。

 富山市から家族と訪れ、大水槽で餌やりを見た男児(6)は「泳いでいる魚がかわいくてサンタにも会えて楽しかった」と話した。

 サンタダイバーによる餌やりは、ペンギンのプールが毎日午後0時半、大水槽は平日が午後1時半、土曜、日曜日は午後2時に行われる。25日まで。