テーマソング「輝き」のレコーディングに臨み、元気な歌声を響かせる新潟大付属長岡小の児童=11月30日、長岡市学校町1
テーマソング「輝き」のレコーディングに臨み、元気な歌声を響かせる新潟大付属長岡小の児童=11月30日、長岡市学校町1

 音楽と長岡花火、長岡の食が来場者を迎える「長岡米百俵フェス」が17~19日、新潟県長岡市で開かれる。フェスには公式テーマソング「輝き」があり、毎回地元の子どもたちが歌い継いでいる。ことしは新潟大付属長岡小の5、6年生122人が担当し、元気な歌声を収録。18、19日のフィナーレでは、音楽に合わせて花火が打ち上げられる。

 「輝き」は、人気グループ「いきものがかり」のメンバーだった山下穂尊(ほたか)さんが作詞作曲した。会場の東山ファミリーランドを下見し、長岡の風景に着想を得たアップテンポの曲だ。

 11月末に行われたテーマソングのレコーディングには、山下さんらが立ち会った。録音機材に囲まれて緊張した様子の児童も、曲が流れると気持ちよさそうに体でリズムを刻み、元気いっぱい歌い切った。

 6年生の児童の1人は「ドキドキしたけど、みんなで練習した成果が出せてよかった」と話した。

 山下さんは子どもたちに対し「難しい曲なのに歌いこなしていて、頑張って練習してくれたのが伝わってきた。花火の打ち上げが楽しみ」と感想を語った。

動画