「五輪を終えて自宅に帰ったら、家族が手作りの金メダルを首に掛けてくれたんです」と語る林氏=新潟市中央区
「五輪を終えて自宅に帰ったら、家族が手作りの金メダルを首に掛けてくれたんです」と語る林氏=新潟市中央区

 東京五輪で空手男子組手日本代表の監督を務めた林晃(こう)氏(60)=新潟市中央区=が、新潟日報社の取材に応じた。組手は男子75キロ超級の荒賀龍太郎(荒賀道場)が銅メダルを獲得。林氏は「日本発祥の競技で、『勝たなければ』という重圧がある中、選手は精いっぱいやった」と振り返った。(運動部・鈴木孝哉)

 林氏は2015年、形と組手を含めた日本代表監督に就き、19年から男子組手の監督を担当。技術指導以上に…

残り778文字(全文:987文字)