新潟県新発田市の二階堂馨市長は10日、臨時会見を開き、県が同日感染を発表した新発田市の10歳未満の15人はいずれも東豊小の児童だと明らかにした。同小児童の感染は7日に初めて確認されてから計18人となった。検査結果を待つ児童が約160人おり、21日まで全校休校とする。教職員の感染は確認されていない。

 市によると18人は1、3、5年生で、いずれも軽症。

 また、二階堂市長は10日までに御免町小でも児童1人の感染が確認されたと説明。同小は9日以降休校しているが、濃厚接触者らへの検査で新たな感染が確認されないことから、13日に再開する予定。

 二階堂市長は市民に「感染した方をとがめたり、責めたりしないでほしい」と呼び掛けた。