北朝鮮による拉致被害者家族会代表に就任した横田めぐみさんの弟拓也さん=11日午後、東京都内
北朝鮮による拉致被害者家族会代表に就任した横田めぐみさんの弟拓也さん=11日午後、東京都内

 北朝鮮による拉致被害者家族会の代表で、田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(83)が11日、健康上の理由から代表を退任した。新代表には、新潟市で拉致された横田めぐみさん=同(13)=の弟で同会事務局長の拓也さん(53)が就任した。同日都内で開かれた家族会臨時総会で承認された。

 飯塚さんは2007年11月、めぐみさんの父で初代代表の滋さん=昨年6月に87歳で死去=の後を継ぎ、14年にわたり代表を務めた。近年体調を崩すことが多く、先月中旬に緊急入院し、退任を申し出た。

 拓也さんは11日、報道陣の取材に応じ、「飯塚さんは真摯(しんし)に拉致問題に向き合い、それが国内での大きな世論形成や国際社会の深い理解につながった」と述べた。被害者家族の高齢化に触れ「自分の家族に会えずにこの世から去ってしまうことは無念なこと。できることは何でもやるという覚悟だ」と語った。

 めぐみさんの母早紀江さん(85)は「飯塚さんは滋の跡を継いで長い間よくやってもらった。私たちもここまで頑張ってくることができた」とねぎらった。拓也さんに対しては「解決を訴え続けないと相手に届かない。一緒に頑張り続けたい」と話した。

 拓也さんは滋さん、早紀江さん夫妻の双子の長男。16年4月、事務局長に就任し、国内外で拉致問題の早期解決を訴えてきた。新たな事務局長には、田口さんの長男飯塚耕一郎さん(44)が就いた。めぐみさんの弟哲也さん(53)は事務局次長。

 佐渡市の拉致被害者、曽我ひとみさん(62)は、「ついに世代交代しなければならない程の時間が流れたのかと、落胆にも似た思いで胸がいっぱいになりました。拓也さんには、拉致被害者が一日でも早く帰国できるよう尽力してもらいたいと思っています」とのコメントを公表した。

 岸田文雄首相は公邸で「(飯塚さんは)大きな役割、責任を果たしてきた。回復を心からお祈りしたい」と記者団に述べ、「一刻の猶予も許されない重要な課題だと改めて強く感じている」とし、帰国実現に尽力する考えを示した。