新潟地方気象台は12日、暴風と高波に関する気象情報を発表した。冬型の気圧配置が強まる影響で、県内では非常に強い風が吹き、13日夜遅くにかけて海はうねりを伴ったしけとなる可能性があり、気象台は注意を呼び掛けている。山沿いでは雪が降る見込み。

 13日に予想される最大風速は、上中下越、佐渡の海上で18~20メートル、陸上で12~20メートル。波の高さは全域で4、5メートルの見込み。風が強くなった場合は警報級の高波となる可能性もある。

 13日午後6時までの12時間の予想降雪量は、山沿いの多いところで中越が15センチ、上越が10センチ、下越が5センチ。