阪神の新入団選手記者会見で記念写真に納まる、(前列左から)桐敷拓馬投手、前川右京外野手、(中列左から)鈴木勇斗投手、矢野監督、森木大智投手、(後列左から)伊藤稜投手、豊田寛外野手、岡留英貴投手、中川勇斗捕手=大阪市内のホテル
阪神の新入団選手記者会見で記念写真に納まる、(前列左から)桐敷拓馬投手、前川右京外野手、(中列左から)鈴木勇斗投手、矢野監督、森木大智投手、(後列左から)伊藤稜投手、豊田寛外野手、岡留英貴投手、中川勇斗捕手=大阪市内のホテル

 阪神は13日、大阪市内のホテルで育成を含む新人8選手の入団記者会見を行い、ドラフト1位の森木大智投手は「小さい子どもたちが夢や希望を持てるような選手になりたい。将来を見据えれば、世界を代表するような大きい選手になりたい」と堂々と言った。ドラフト3位の桐敷拓馬投手(新潟医療福祉大)は、「力のある真っすぐもそうだが、粘り強く投げられることがセールスポイント」と力強く語った。

 新入団選手は次の通り。

 …

残り436文字(全文:653文字)