ハーフ地点を過ぎて集団から遅れる服部
ハーフ地点を過ぎて集団から遅れる服部

 好転した服部勇馬の走りだったが、長くは続かなかった。

 服部の15キロ通過は46分5秒。下り基調となった10キロからの5キロは15分11秒で、1キロ3分2秒までペースは上がっていた。直角カーブが連続する北海道大学構内に入る頃、徐々に集団に付いていくのが苦しくなっていった。

 《付いていけなくはないけど、きついな。少しペースが落ちるといいけど…》

 ここで脱落するわけにはいかない、我慢のしどころだと思っ…

残り489文字(全文:714文字)