発酵学の権威で、「酒博士」として名高い坂口謹一郎博士(上越市出身)は、沖縄の泡盛を復活させた逸話も持つ。

 泡盛造りに欠かせない黒麹(こうじ)菌は沖縄戦で消滅したと思われたが、博士は戦前に現地で集めた黒麹菌を保存していた。

 その菌のおかげで泡盛はよみがえり、今では全国区に育った。

 沖縄が本土復帰50年となる来年、泡盛も大きな転機を迎える。

 先日発表された2022年度の税制改正大綱で、半世紀にわたる…

残り350文字(全文:583文字)