Bリーグは16日、2020年度の1部(B1)、2部(B2)全36クラブの経営情報を開示し、営業収入の合計は19年度より7・9%増加し、過去最高の241億7500万円となった。

 新型コロナウイルス流行の影響でチケット収入は11・5%減ったが、スポンサー収入が10・3%増の約140億円と好調。千葉Jは約13億円のスポンサー収入もあり、リーグで初めて営業収入が20億円を超えた。島田慎二チェアマンは「厳…

残り533文字(全文:742文字)