最後の1周に入る服部。苦しさから逃げ出したいと思う自分と闘っていた
最後の1周に入る服部。苦しさから逃げ出したいと思う自分と闘っていた

 30キロ地点で61位。以降、服部勇馬は自分と対話しながら走っていた。

 《完走しないといけない。完走しないと》

 《かっこ悪いなー。惨めだな》

 《もうやめたい…。でも、やめていいのか?》

 意識だけは切らさないようにしていたからか、さまざまに自問自答した。そのうち、氷入りのビニール袋を持つ手がつり始めた。無理を続ける体が上げた、小さな悲鳴だった。

 レースは最後の小ループ1周に入る。ビル街を服部が過ぎて…

残り425文字(全文:666文字)