県内は17日、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら北日本を通過し、今冬一番の寒気が上空に流れ込んだ影響で、各地で強風に見舞われた。18日にかけて冬型の気圧配置が一層強まり、暴風雪や大雪の恐れがある。新潟地方気象台は猛吹雪や高波、大雪による交通障害に警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、17日午後9時現在、最大瞬間風速は佐渡市(相川)で30・1メートル、佐渡市(弾崎)で28・2メートルを観測した。

 JR東日本新潟支社によると、17日は強風の影響で信越線や白新線などで運休や遅れが発生し、合わせて約7500人に影響した。18日は信越線や白新線などで特急を含め計15本を計画運休する。えちごトキめき鉄道も3本の計画運休を予定している。

 18日は下越と佐渡の陸上で風速20メートルを超える非常に強い風が吹きつけ、猛吹雪となる所がある。波の高さは17日夜から18日にかけて上中下越、佐渡でいずれも6メートルの大しけとなる見込み。18日午後6時までの24時間降雪量は多い所で、上中下越の山沿いで40~80センチ、平地と佐渡で15センチ~25センチと予想されている。

 東日本高速道路新潟支社は17日午後7時時点で、18日午前0時以降に関越道小出インターチェンジ(IC)-湯沢IC、北陸道柏崎IC-柿崎IC、磐越道安田IC-津川IC、上信越道上越高田IC-信濃町ICの各区間を通行止めとする可能性があると発表。不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。