来季の展望などについてサポーターと意見交換する中野氏=新潟市中央区
来季の展望などについてサポーターと意見交換する中野氏=新潟市中央区

 J2アルビレックス新潟は19日、サポーターとの意見交換会「サポーターカンファレンス」を新潟市中央区の開志専門職大で開いた。来季の強化費について、中野幸夫社長は「今季より1億円ほど上積みする」と言い、攻撃陣を中心に補強する考えを示した。今季の強化費は、約8億2千万円だった2020年度と同等という。

 サポーター60人が参加した。クラブ側がチーム、営業、観客動員などについて今季の総括や来季の展望を述べ…

残り326文字(全文:535文字)