井口清太郎医師

 新潟大学大学院医歯学総合研究科新潟地域医療学講座の井口清太郎です。今日は「地域を守る視点」というテーマで、地域の味方であり続けたい地域医療というものについて解説させてもらいます。

 よく新聞などで「地域医療」という言葉を見かけます。この場合の「地域」とはどの様なことを指すのでしょうか。過疎地などいわゆる「へき地」での医療を真っ先に思い浮かべていませんか?

 もちろんそういった地域での医療も含まれますが、一般的に大学などで「地域医療」として教える時の「地域」は、「コミュニティー」とか「共同体」とも言い換えることのできる「地域」なのです。

 例えば新潟駅前のような比較的都市部でにぎやかなエリアにも「地域」はあって、そこには「地域医療」が必要になります。「コミュニティー」を守る視点を持っているのが「地域医療」になります。

 そこでは患者さんを総合的に診ることも求められ、「総合診療」ともなじみやすい分野になります。日々の暮らしの中で健康について相談でき、すぐにかかれる先生を「かかりつけ医」とも言います。皆さんには「かかりつけ医」はいますか?

 地域医療・総合診療の対義語を考えると分かりやすいかもしれません。これらの対義語は「高度先進医療」などになります。大学病院などで提供する最先端の医療がそれにあたります。難しい病気や珍しい病気など最先端の治療を、その筋の専門科がそろって提供できる大学病院は医療の最後の砦(とりで)として多くの方から期待されているものと思います。

 でも、皆さん、ちょっと風邪をひいた時にも大学病院にかかったりしますか? 大学病院は専門に特化していることもあり、ありふれた病気や、複数科にまたがるような病気に対してはちょっと小回りがきかず苦手とする部分があります。また多くの方が大学病院に殺到してしまうようなことになると、最先端医療が本当に必要な人へ届きにくくなるかもしれませんね。

 医療にはこのどちらも必要です。「地域医療・総合診療」によって普段の健康相談や日常にありふれた病気を診察・治療してもらう一方、もし難しい病気や珍しい病気になった場合には大学病院へ紹介してもらい治療する、そういう流れがきちんとできていることで医療体制は維持されていきます。そのためには、身近で地域医療・総合診療を提供するかかりつけの先生が必要です。皆さんの身近にいる「かかりつけ医」について、今一度確認しておいてください。