賞状を受け取る新保智子選手(左)=22日、新潟市中央区
賞状を受け取る新保智子選手(左)=22日、新潟市中央区

 第45回新潟日報スポーツ賞の表彰式が22日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれた。全国中学校体育大会陸上女子200メートルで優勝した秋澤理沙選手(燕吉田中)ら10選手2チームが表彰を受けた。

 このほか、全国大会で好成績を収めた帝京長岡高の3チームに特別賞、今夏の東京五輪・パラリンピックでメダル獲得に貢献した指導者3人に功績賞が贈られた。

 受賞者ら約30人が出席。新潟日報社の小田敏三社長が「輝かしい功績に敬意を表する。さらなる高みを目指す励みとしてほしい」と述べ、一人一人に賞状とメダルを手渡した。

 受賞者を代表し、弓道全日本遠的選手権女子の部を制した新保智子選手(新発田市弓道連盟)が「新型ウイルスで多くの大会が中止となる中、活躍の場を設けてもらったこと、参加に向け多くの方に支えてもらったことへの感謝を忘れず、これからも精進したい」と意気込みを語った。