学校などでの感染者集団(クラスター)発生が相次いだことを受け、新潟県は22日、県内における直近の感染状況を公表した。1~15日に公表された県内感染者計98人の傾向を分析したところ、クラスター関連が8割超(83人)を占めた。このうち、約6割(52人)がワクチン接種対象外の12歳未満だった。重症者はいなかった。

 花角英世知事は同日の定例記者会見で「特に小学生以下の子どもについては、少しでも熱や症状がある場合は外出自粛や速やかな受診、検査をお願いしたい」と呼び掛けた。

 県は22日、新発田市で10歳未満と40代の2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。2人は新発田保健所管内でクラスターとなった学校関連の濃厚接触者。このクラスターの規模は63人となった。新潟市の新規感染者はいなかった。県内の感染者は8176人となった。