NGT48の新曲「ポンコツな君が好きだ」の一場面
NGT48の新曲「ポンコツな君が好きだ」の一場面

 NGT48グループの最新シングル「ポンコツな君が好きだ」のミュージックビデオ(MV)が新潟県小千谷市片貝町で撮影され、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。市民らは小千谷の魅力のPRにつながることを期待している。

 「ポンコツな-」はNGT48の7枚目のシングルで、12月22日に発売された。MVは10月21~23日に撮影。高校の文化祭を巡る青春ドラマ仕立てで、片貝中がロケの舞台となり、片貝中の生徒や住民、大塚昇一市長がエキストラとして参加した。重要なシーンで、小千谷市自慢の花火が上がる。

 花火が開いた瞬間をモチーフに作られた振り付けも見どころだ。NGTの小熊倫実(つぐみ)さん(19)は「失敗した時に聞くと元気になれる曲。MVと合わせて何回も見て、聞いてほしい」と話す。

 小熊さんと中井りかさん(24)は、新曲の発売に合わせ12月22日、小千谷市役所に大塚市長を訪ねた。曲をPRするとともに、撮影した時の思い出を語り合った。

 中井さんが「きれいな花火が印象的。地元の方にも協力いただいたおかげで、すてきなMVができた」と伝えると、大塚市長は「子どもたちの一生の思い出になり、小千谷にとっても良いプロモーションになった」とにこやかに語った。