新潟地方気象台は11日、高波と暴風雪、大雪に関する気象情報を発表した。強い冬型の気圧配置と上空に寒気が流れ込む影響で12日は大雪になる恐れがある。JRや佐渡汽船は12日の計画運休を発表。強い冬型は14日にかけて続く見込みで、気象台は交通障害などへの警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、12日に予想される陸上の最大風速は佐渡23メートル、下越20メートル。12日午後6時までの24時間降雪量はいずれも多い所で、上越と中越の山沿いが60センチ、下越の山沿いが50センチ。平地では中越20センチ、上越と下越10センチ、佐渡5センチ。下越と佐渡の波の高さは8メートル。13日から14日にかけては山沿いを中心に大雪となる見込み。

 JR東日本新潟支社によると、12日は越後線内野-柏崎間、信越線東三条-長岡間、白新線豊栄-新発田間などが終日運休。特急しらゆきは朝の上下線計3本で新潟-直江津間が運休、その後は全区間運休する。

 JR西日本金沢支社は12日、大糸線を始発から計13本が運休する。

 佐渡汽船は12日、ジェットフォイル全便を欠航する。