民間薬局などの無症状者向け無料検査所では、発熱やせきといった症状がある人が訪れる事例も発生している。新潟県は感染を広げないためにも、既に症状がある人はドライブスルー方式で検査ができる専用のセンターや医療機関に相談するよう呼び掛けている。

 県内の新型ウイルス検査体制は、既に症状がある場合と全くない場合で異なる。発熱など新型ウイルス感染が疑われる症状がある場合(濃厚接触者も含む)は、速やかに診断・療養につなげるため、ドライブスルー方式でPCR検査をする「地域外来・検査センター」や診療検査医療機関で対応する。

 一方、無症状者向けの検査所は、症状が全くなくても、県外往来や大人数の会食参加など、感染への不安を感じる人を対象にしている。

 県福祉保健部の松本晴樹部長は「症状がある場合は民間薬局ではなく、必ず医療機関か検査センターに行ってほしい」と呼び掛けている。

[関連記事]希望者殺到、検査できないケースも