新潟地方気象台は16日、高波と大雪、風雪に関する気象情報を発表した。上空に強い寒気が流れ込む影響で、17日夜から18日にかけて山沿いを中心に大雪が予想され、交通障害への注意を呼び掛けている。

 気象台によると、18日午後6時までの24時間降雪量は、いずれも多いところで、上中越の山沿いで60~80センチ、下越の山沿いで40~60センチ。平地では上中越30~50センチ、下越20~40センチ、佐渡10~20センチ。

 18日は風が強まり、下越と佐渡で6メートルの波が予想されるなど大しけとなる見込み。冬型の気圧配置は21日ごろまで続く。

 JR東日本新潟支社は17日、上越、飯山、只見、米坂の各線で夕方以降の一部列車の運転を見合わせる予定。JR西日本金沢支社は除雪作業のため、大糸線の上下線で始発などを除く普通列車計15本を運休する。