出発ロビーに向かう選手たち。左からMF高木、MF本間、DF早川=新潟空港
出発ロビーに向かう選手たち。左からMF高木、MF本間、DF早川=新潟空港

 J2アルビレックス新潟は17日、空路で1次キャンプ地の高知市に入り、今季初練習を行った。2月5日までの約3週間、1年間を戦い抜くための土台づくりに励み、約1カ月後に迫る開幕戦に備える。

 新型コロナウイルス対策で再入国後の隔離期間中のDFトーマス・デンを除く全28選手とスタッフ陣は午前7時ごろ、新潟空港に集まった。松橋監督は取材に応じ、選手の状態を上げ、チームのベースを築くことがキャンプの目的とし…

残り197文字(全文:406文字)