新潟県内は17日、発達した低気圧の影響で上中越を中心に大雪となった。18日にかけて冬型の気圧配置がさらに強まり、大雪や強風の恐れがある。冬型の気圧配置は21日ごろにかけて続く見込み。新潟地方気象台は交通障害などに警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、17日午後7時現在の積雪量は、津南町で191センチ、魚沼市(守門)で154センチ、妙高市(関山)で152センチ、十日町市で151センチ。

 18日の最大風速は下越と佐渡では風速18メートルの見込み。波の高さは5、6メートルで、昼前から夕方にかけて大しけとなる。上中越の山沿いでは18日にかけて警報級の大雪となる見込みで、18日午後6時までの24時間降雪量は多い所で、上中越の山沿いで60~70センチ、平地と佐渡で10~40センチと予想している。

 JR東日本新潟支社などによると、17日午後6時半現在、上越線や飯山線など計19本が運休、約500人に影響した。18日は大雪や強風のため信越線、白新線・羽越線、上越線、飯山線、只見線、米坂線、大糸線で一部列車を計画運休する。越後線は列車の本数を減らす可能性がある。

 佐渡汽船は18日、強風による高波の影響でジェットフォイルを全便欠航する。