学校と生徒の自宅を結んで行われたオンライン授業=18日、聖籠町蓮潟の聖籠中
学校と生徒の自宅を結んで行われたオンライン授業=18日、聖籠町蓮潟の聖籠中

 新潟県聖籠町の聖籠中学校で、新型コロナウイルスの影響で学年閉鎖になった生徒を対象に、オンライン授業が行われている。生徒の自宅と教室をつなぎ、生徒はタブレット端末を通じて授業を受けている。

 町教育委員会によると、聖籠中では18日までに生徒3人の感染が確認され、17~19日に1、2年生を学年閉鎖している。国の「GIGAスクール構想」を受け、町内の小中学生は20年9月から、1人1台のタブレット端末を持っている。

 聖籠中は、17日午後と18、19日午前に、オンライン授業を実施。1、2年生約240人の生徒が、毎日3教科を受けている。18日の2年英語の授業では、教諭(34)が例題や解説をまとめた画面を使って教え、生徒が現在完了形を学んだ。ノートアプリ「ロイロノート」で課題を共有し、生徒の解答は教員のタブレットに送信された。

 丸田磨里校長は「生徒と教員が双方向でやりとりでき、生徒の安心にもつながったと思う。学校再開後は、登校できない生徒に授業のライブ配信もしていきたい」と話した。