女子30キロクラシカル 両手を突き上げて、優勝を喜ぶ児玉(太平洋建設SC)=十日町市(長岡支社・富山翼)
女子30キロクラシカル 両手を突き上げて、優勝を喜ぶ児玉(太平洋建設SC)=十日町市(長岡支社・富山翼)
男子50キロクラシカル 3位入賞した佐藤(JR北海道)=十日町市

 スキー距離の全日本選手権最終日は31日、新潟県十日町市吉田クロスカントリー競技場で男女のクラシカルを行った。女子30キロは児玉美希(太平洋建設SC・十日町高出)が頂点に立った。児玉は20キロ過ぎで集団を抜け出し、2位に約51秒差をつけて快勝した。

 男子50キロは佐藤友樹(JR北海道・十日町高出)が後半順位を上げ、3位に入った。優勝は宇田崇二(奥越特別支援学校)だった。

◆児玉、地元にエールのロングスパート

 降りしきる雪に板の滑走性を...

残り898文字(全文:1099文字)