【2019/10/14】

 ダイニチ工業(新潟市南区)が業務用に開発したブルーヒーターは、気化式ストーブとして画期的なものだった。その成功を見た大手家電が次々と参入、市場は「群雄割拠」の時代に突入する。ほどなくして普及はほぼ一巡。各社は事業所と比べてはるかに戸数の多い一般住宅向けに照準を合わせる。

 ただ、住宅で使う機器としてはまだ大きかった上、煙突がないため「煙が部屋の中に滞留するのではないか」との…

残り1271文字(全文:1488文字)