【2020/04/27】

 「足うら美人」のヒットで勢いを取り戻した靴下製造の「山忠」(加茂市)だったが、一安心とはいかなかった。

 2007年秋、工場の全従業員が倉庫に並んだ。その前に、段ボール箱に入った靴下「足うら美人」が積み上げられていた。不具合が見つかり、焼却処分を待つ1万1204足だった。

 「役立つ使命を持って意気揚々とこの世に生まれ出た途端に燃やされてしまう。本当に申し訳ない」

 中林功一社…

残り1277文字(全文:1510文字)