人がまばらな糸魚川市のマリンドリーム能生の鮮魚センター。長居する客も少ない=22日
人がまばらな糸魚川市のマリンドリーム能生の鮮魚センター。長居する客も少ない=22日

 新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用後、初の週末となった22日、県内の行楽地では来場者が目に見えて減少していた。一方、感染者が県内で最も多い新潟市は、重点措置の適用に伴い公共施設の多くを閉鎖したため、開いている施設を探し求めて訪れた人も見られた。

 ベニズワイガニの直売所「かにや横丁」で知られる、糸魚川市の道の駅マリンドリーム能生。ベニズワイガニの禁漁時期に重点措置の適用が加わったこ…

残り724文字(全文:933文字)